日本語ページはこちら

Research

Guraduation Thesis

  • 井手秀:「地方都市における到達圏人口が歩行者空間の賑わいに及ぼす影響分析 ―21都市における現地調査に基づいて― 」
  • 生田和希:「年齢層および小地域特性に着目した交通身体活動量とトリップ構成要素との関連性に関する経年分析」

Master Thesis

  • 鎌田佑太郎:「歩行量に着目した高齢者を対象とする公共交通運賃割引施策の評価」
  • 本田大貴 :「 スマートフォンアプリを用いて取得したGPSログデータに基づく観光地滞在時間および移動時間に 着目した観光行動分析」
  • 立花拓也 :「 鉄軌道駅とのアクセス性に着目した地方都市における歩行者空間の賑わいに関する研究」
  • 山岡樹 :「 施設立地を含む小地域特性を考慮した交通身体活動量とトリップ構成要素との関連性に関する経年分析」
  • Zhao Bohuan :「 A Study on the Influencing Factors of Pedestrian Vibrancy: Focusing on Spatial Configurations and Built-Environments」
  • Zhu Yingying :「交通整備制度の変遷を踏まえた交通施設設備財源の負担者構成に関する国際間比較」

Papers and Lectures

Guraduation Thesis

  • 井手達也:「高速鉄道開業前の鉄道利便性からみた日独仏における高速鉄道整備状況に関する研究」
  • 小森恵太:「地方都市における運行頻度と駅・バス停周辺の人口との関連性分析」
  • Hu Xinyue:「Optimization of Cyclic Railway Timetables under Strict Constraints using Integer Programming 」

Master Thesis

  • 岡田隆佑:「経年変化に着目した鉄道駅の運行本数と人口および利用交通手段の関連性分析」
  • 岡本真輝:「時間帯別運行本数と鉄道利用との関連性分析」
  • 工藤文也:「利便性変化に着目した全国の地域鉄道の運行損益に関する研究」
  • 田口智久:「地方鉄道の存廃に着目した公共交通利便性と駅勢圏人口および交通手段分担率の経年変化に関する研究」
  • 村瀬翔:「近畿地方におけるコミュニティバスの運行実態と利用者数の経年的変化に関する研究」
  • 森倉遼太:「災害曝露指標を用いた都市の拡大と災害リスクに関する全国分析」

Papers and Lectures

Guraduation Thesis

  • 鎌田佑太郎:「運行頻度と開発状況に着目した鉄道駅周辺地域における自動車分担率の経年変化分析」
  • 立花拓也:「鉄軌道駅の利便性と歩行者空間との近接性に着目した地方都市の人口分布の国際間比較」
  • 本田大貴:「鉄道・バスの路線ならびに時刻表データを用いたGPSログからの利用交通手段判定」
  • 山岡樹:「トリップ特性と小地域特性に着目した 交通身体活動量の経年的変化に関する研究」

Master Thesis

  • Ou Yan:「The Analysis of CO2 Emission by Private Cars in China Cities and International Comparison」
  • 酒井聡佑:「交通行動からみた地域特性と医療費との関連性分析」
  • 津村優磨:「アジア大都市圏を対象とした都市鉄道整備期による交通環境負荷抑制効果に関する研究」
  • 平山靖之:「中央新幹線の開業時期が社会的便益に及ぼす影響に関する研究」
  • 藤村隆弘:「土地利用規制の影響を考慮した公共交通利便性と人口集約度との関連性分析」

Papers and Lectures

  • Ryoji Matsunaka, Dai Nakagawa, Tetsuharu Oba, Katsunori Suzuki
    Railway Diagram Analysis in the Rural Area Focused on the Travel Time Composition
    (Journal of the City Planning Institute of Japan, Vol.50 No.3, October, 2015, pp.358-364)
  • Ryoji Matsunaka, Tetsuharu Oba, Dai Nakagawa and Takane Imagawa
    A Study on the Evaluation of the Freight Shinkansen by Nationwide Freight Network
    (Journal of the City Planning Institute of Japan, Vol.50 No.2, October, 2015, pp.177-183)

Guraduation Thesis

  • 岡本真輝:「全国の3次メッシュデータを用いた道路インフラ維持更新コストに関する研究 」
  • 工藤文也:「総列車走行時間に着目した全国の地域鉄道の運行費用に関する研究」
  • 鈴木克法:「所要時間の構成に着目した地方鉄道のダイヤ分析」
  • 森倉遼太:「全国における地域メッシュ特性と災害リスクとの関連分析」

Master Thesis

  • 北村将之:「商店街における土地利用の経年的な変化と賑わいに関する研究」
  • 小林和志:「細分化した地域メッシュを用いた都市内交通シミュレーションによる交通施策の評価」
  • 篠原諒:「地方都市中心部における歩行者空間実態の国際間比較」
  • 森健矢:「都市内交通シミュレーションモデルによるバイクシェアリングシステム導入施策の評価」
  • Gang Xue:「ASSESSING URBAN SUSTAINABILITY : CONSIDERING LOCAL SPECIAL ISSUES IN ADDITION TO THE TRADITIONAL THREE DIMENSIONS OF SUSTAINABILITY」

Papers and Lectures

  • Tetsuharu OBA, Ryoji MATSUNAKA, Dai NAKAGAWA and Masayuki KITAMURA
    RELATIONSHIP THAT VIBRANCY HAVE WITH LAND USE COMPOSITION
    AND BUSINESS TYPE IN SHOPPING STREETS BASED ON FIELD SURVEY
    (土木学会論文集 D3(土木計画学), Vol.70, No.5 (土木計画学研究・論文集第 31 巻), pp.I_405-I_414)
  • Ryoji MATSUNAKA, Tetsuharu OBA, Dai NAKAGAWA and Kenya MORI
    SCENARIO ANALYSIS OF BIKE SHARING SYSTEM PROGRAMS
    USING THE URBAN TRAFFIC SIMULATION MODEL
    (土木学会論文集 D3(土木計画学), Vol.70, No.5 (土木計画学研究・論文集第 31 巻), pp.I_869-I_878)
  • Tetsuharu Oba, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka, Yosuke Harada and Mitsuya Matsubara
    Search of the Most Convenient Pulse Timetable in the Railway Network
    (Journal of the City Planning Institute of Japan, Vol.49 No.3, 2014, pp.423-428)
  • Ryoji Matsunaka, Tetsuharu Oba, Dai Nakagawa, Kazushi Kobayashi
    Evaluation of Urban Public Transportation Measures Considering the Reorganization of Existing Public Transport Network Using the Urban Traffic Simulation Model
    (Journal of the City Planning Institute of Japan, Vol.49 No.3, 2014, pp.168-175)
  • Shotaro Abe, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka, Tetsuharu Oba
    Study on the factors to transform underused land focusing on the influence of railway stations in central areas of Japanese Local cities
    (Land Use Policy Volume 41, pp. 344-356)

Guraduation Thesis

  • 今川高嶺:「全国規模の貨物輸送ネットワークを用いた新幹線貨物輸送の評価に関する研究」
  • 原田容輔:「鉄道路線網における最適なパルスタイムテーブルの探索」
  • 平山靖之:「生活圏ゾーン相互間の期待一般化費用を用いた中央新幹線の利便性評価に関する研究」
  • 藤村隆弘:「現地調査に基づいた歩道拡幅施策の影響分析に関する研究」
  • 村瀬翔:「地方小都市におけるバス利便性の大幅向上とモビリティ・マネジメントによる利用促進効果」

Master Thesis

  • Nawrocki Justin John:「QUANTIFYING STATION AREA WALKABILITY AND ANALYZING ITS RELATIONSHIP WITH LIGHT RAILRIDERSHIP IN THE UNITED STATES AND JAPAN (米国と日本における駅周辺のウォーカビリティとLRT乗客数との関連分析)」
  • 余紀萱:「ANALYSIS OF FACTORS INFLUENCING TOURIST CHOICE OF HOP-ON HOP-OFF TOUR BUS (乗降自由観光バスに対する観光客の選択に影響を及ぼす要因分析)」

Doctor Thesis

  • 阿部正太朗:「地方都市中心部における低未利用地の土地利用転換に関する研究」
  • Sathita Malaitham:「A STUDY OF URBAN RAIL TRANSIT DEVELOPMENT EFFECTS IN BANGKOK METROPOLITAN REGION」
  • Hyunsu Choi:「INTERNATIONAL COMPARATIVE ANALYSIS ON URBAN TRANSPORTATION ENERGY CONSUMPTION」

Papers and Lectures

  • 中川大
    基調講演 新幹線ネットワークの全国展開:その意義と課題:高速鉄道整備の世界的潮流と我が国の停滞 (北海道開発協会広報誌「開発こうほう」、598号、pp1-3)
  • Tetsuharu Oba, Ryoji Matsunaka, Dai, Nakagawa and Kazuaki Inoue
    Analysis of the Relationship between Urban Characters and Physical Activity Levels Based on the Travel Behavior Data
    (Journal of theCity Plannig Institute of Japan,Vol.48 No.1, April 2013, pp.73-81)
  • Hyunsu Choi・Dai Nakagawa・Ryoji Matsunaka・Tetsuharu Oba and Jongjin Yoon
    Estimating the Efficiency of Transportation Energy Consumption based on Railway Infrastructure and Travel behavior Characteristics
    (International Journal of Railway,Vol.6,No.2,pp.33-44)
  • Shotaro Abe・Dai Nakagawa・Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    LAND USE CHANGE IN OUTDOOR PARKING LOTS AND ITS INFLUENCE ON LAND PRICE IN CENTRAL AREAS OF JAPANESE LOCAL CITIES
    (The 13th World Conference on Transport Research,15-18 July 2013, Rio de Janeiro, Brazil.)
  • Sathita Malaitham, Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    URBAN RAIL TRANSIT DEVELOPMENT IMPACTS IN DEVELOPING COUNTRIES: A CASE STUDY OF LAND PRICE IN BANGKOK, THAILAND
    (The 13th World Conference on Transport Research,15-18 July 2013, Rio de Janeiro, Brazil. )
  • Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka,Tetsuharu Oba,Mitsuya Matsubara,JongJin Yoon and Toshimichi Murao
    Creating of a bus operating scheme in cooperation with various stakeholders
    (The 13th World Conference on Transport Research,15-18 July 2013, Rio de Janeiro, Brazil. )
  • 松中亮治・大庭哲治・中川大・井上和晃
    都市内の小地域特性を考慮した交通身体活動量の経年変化とその要因分析
    (土木学会論文集 D3,Vol.69,pp.216-226)
  • 小林寛・松中亮治・田村亨
    地域モビリティ確保に関する取組推進に向けた合意形成プロセスマップ作成の提案
    (計画行政, Vol. 36, No. 2, pp. 65-75)
  • Hyunsu Choi,Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka,Tetsuharu Oba and Jongjin Yoon
    Resaerch on the causal relationship between urban density and travel behaviors, and transportation energy consumption by economic level
    (International Journal of Urban Science, Vol.17, No.3)
  • RyojiMatsunaka, TetsuharuOba, DaiNakagawa, MotoyaNagao, JustinNawrocki
    International comparison of the relationship between urban structure and the service level of urban public transportation — A comprehensive analysis in local cities in Japan, France and Germany
    (Transport Policy, Volume 30,pp. 26-39)
  • Shotaro ABE, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA and Tetsuharu OBA
    STUDY ON THE TRANSFORMATION FROM BUSINESS-USE LAND TO
    UNDERUSED LAND IN CENTRAL AREAS OF LOCAL CITIES
    (土木学会論文集 D3(土木計画学), Vol.69, No.5 (土木計画学研究・論文集第 30 巻), pp.I_253-I_263)

Guraduation Thesis

  • 北村将之:「現地調査に基づく商店街の土地利用及び業種構成が賑わいに及ぼす影響に関する研究」
  • 小林和志:「都市内交通シミュレーションによる既存交通の再編を考慮した交通施策の評価」
  • 篠原諒:「ヨーロッパの地方都市における歩行者空間整備の実態分析」
  • 松本朋大:「シミュレーションを用いた自転車走行帯の配置が交通流に及ぼす影響分析」

Master Thesis

  • 小川藍:「指定年代に着目した伝統的建造物群保存地区とその周辺地域の土地利用変化と景観実態の比較研究」
  • 中山偉人:「近畿地方における自治体の路線バス事業への経費負担の実態」
  • 萬保雄亮:「全国のコミュニティバスの運行実態に関する網羅的研究」

Doctor Thesis

  • 朴東旭:「International study on factor structure to create a city center vibrant with pedestrians - a field survey of Kyoto, Seoul, Beijing and Florence」

Papers and Lectures

  • 中川大
    的確な都市ビジョンに基づいた富山市の先進的な交通政策の展開
    (都市計画学会誌「都市計画」Vol.62 No.1 pp.38-41)
  • 松中亮治・大庭哲治・中川大・井上和晃
    都市内の小地域特性を考慮した交通身体活動量の経年変化とその要因分析
    (土木学会論文集D3(土木計画学)69巻第3号 pp.I_216-I_226)
  • Tetsuharu Oba, Ryoji Matsunaka, Dai Nakagawa, Jong Jon Yoon and Natsuki Makino
    The Effect of the Convenience of Public Transport on Urban Structure Considering Space Allocation in the Central District
    (Journal of theCity Plannig Institute of Japan, Vol.47 No.1 pp.9-16)
  • Sathita MALAITHAM, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA, Tetsuhara OBA
    The Empirical Study of the Urban Rail Transit Impacts on the Land and Housing in the Bangkok Metropolitan Region, Thailand
    Journal of International City Planning(International Symposium on Urban Planning 2012), pp.183-194
  • Dongwook Park, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    Structural relationship about pedestrian vibrancy and street environment in central areas of Kyoto, Seoul, Beijing and Florence
    InternationalJournal of Urban Sciences 2012,pp.1–16
  • 松中亮治・大庭哲治・中川大・長尾基哉
    鉄軌道利便性および歩行者空間分布を考慮した地方都市における都市構造の国際間比較
    (土木学会論文集 D3,Vol.68,pp.242-254)
  • Ryoji MATSUNAKA
    Urban pubric transportation planning in France based on the projects of "Grenelle de I'Environnement"
    (ournal of theCity Plannig Institute of Japan, Vol.47,No.2,pp.154-161)
  • 大庭哲治・松中亮治・ 中川大・山根和人
    規制強化による屋外広告物の設置状況変化の因果構造−条例改正前後の実態調査に基づいて−
    (土木学会論文集 D1,Vol.68,pp.57-65)
  • Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA, Tetsuharu OBA and Taketo NAKAYAMA
    A STUDY ABOUT THE COST OF RUNNING A COMMUNITY BUS FOCUSING
    ON THE DIFFERENCE OF OPERATORS AND OF PAYMENT BY MUNICIPALITY
    (土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.68,No.5土木計画学研究・論文集第29),I_1357I_1362)
  • Dongwook PARK, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA and Tetsuharu OBA
    FACTOR STRUCTURE WHICH MAKES STREETS VIBRANT WITH PEOPLE
    -BASED ON FIELD SURVEY OF KYOTO, SEOUL AND FLORENCE
    (土木学会論文集 D3(土木計画学)Vol.68,No.5 土木計画学研究・論文集第 29),I_513-I_521)
  • Shotaro ABE, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA and Tetsuharu OBA
    ANALYSIS OF FACTORS INFLUENCING THE CHANGE OF UNDERUSED
    LAND AREA AND TRANSFORMATION FROM UNDERUSED LAND TO
    RESIDENTIAL LAND IN CENTRAL AREAS OF LOCAL CITIES
    (土木学会論文集 D3(土木計画学),Vol.68,No.5 土木計画学研究・論文集第 29),I_467-I_477)
  • Hyunsu Choi, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    International research on therelationship between urban structure and transportation energy consumption according to economic level
    (Australasian Journal of Regional Studies, Vol. 18, No. 1, pp.128-149)

Guraduation Thesis

  • 青木 貴志:「空港連絡鉄道整備の負担者構成とサービス水準に関する研究」
  • 森健矢:「都市内交通シミュレーションによるコミュニティサイクル導入施策の評価」
  • 横山悠:「期待所要時間を用いた都市間の交通利便性と地域の活力に関する研究」

Master Thesis

  • 井上和晃:「都市内の小地域特性を考慮した交通身体活動量の経年変化とその要因分析」
  • 奥村拓也:「都市構造及び都市特性に着目した自動車保有率変化の時系列分析」
  • 橋本浩典:「都市計画の線引きが都市活動に与える影響に関する研究」
  • 小柳琢利:「地方都市中心部の詳細な区画データベース構築及び道路条件が土地利用変化に及ぼす影響分析」
  • 森川達也:「都市内小地域特性の経年的データベースに基づく開発時期を考慮した交通環境負荷の要因分析」
  • 薮井史輝:「都市内交通シミュレーションを用いた交通施策による立地ポテンシャルへの影響の分析」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 本田豊・中川大・松原光也
    阪神地域における広域バスマップの継続に見る戦略と工夫
    (都市計画論文集Vol.46 No.3 pp.811-816)
  • 松中亮治・大庭哲治・中川大・長尾基也
    鉄軌道利便性および歩行者空間分布を考慮した地方都市における都市構造の国際間比較
    (土木学会論文集D3(土木計画学)68巻第5号 pp.I_242-I_254)
  • 大庭哲治・松中亮治・中川大・山根和人
    規制強化による屋外広告物の設置状況変化の因果構造―条例改正前後の実態調査に基づいて−
    (土木学会論文集D1 68巻第1号 pp.57-65)
  • Shotaro Abe, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka, Tetsuharu Oba
    Secular Change of Underused Land in the Central Area of Local City
    -Based on Underused Land Database Using House Map in 37 Cities at 3 point in Time- (Journal of theCity Plannig Institute of Japan, Vol.46 No.3 pp.313-318)
  • Takafumi Ito, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka, Tetsuharu Oba
    A Study on Aged Population Distribution around Train Stations in Local Cities of Japan, France and Germany
    (Journal of theCity Plannig Institute of Japan, Vol.46 No.3 pp.745-750)
  • Masatoshi HATOKO and Dai NAKAGAWA
    A STUDY ON TODAY'S APPROPRIATENESS OF JAPANESE TRUNK RAILWAY POLICY
    BASED ON NATIONWIDE SHINKANSEN RAILWAYS CONSTRUCTION AND IMPROVEMENT ACT
    (土木学会論文集D3(土木計画学)68巻第5号 pp.I_1045-I_1060)
  • 森川達也・中川大・松中亮治・大庭哲治
    開発時期を考慮した都市内小地域の空間配置と交通環境負荷との関連分析
    (土木学会論文集 D3(土木計画学),Vol.67,No.5(土木計画学研究・論文集第 28 巻),I_379-I_387)
  • 奥村拓也,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    人口密度に着目した都市構造と乗用車保有率との経年的な関連分析
    (土木学会論文集 D3(土木計画学),Vol.67,No.5(土木計画学研究・論文集第 28 巻),I_369-I_377)
  • Hyunsu Choi,Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    Building a database of transportation energy consumption in cities of the world with information related to travel behavior
    2011 International Symposium on City Planning in Korea,25-27
  • Choi Hyunsu , Dai Nakagawa , Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    INTERNATIONAL RESEARCH ON THE RELATIONSHIP BETWEEN URBAN STRUCTURE AND TRANSPORTATION ENERGY CONSUMPTION ACCORDING TO ECONOMIC LEVEL
    Australasian Journal of Regional Studies,Vol 18,No 1,pp. 128-149, 2012 .5.1.(Highly Commended Award 2011)

Guraduation Thesis

  • 伊藤孝史:「地方都市における鉄軌道駅周辺の高齢者人口分布に関する国際間比較」
  • 中山偉人:「自治体の費用負担方式に着目したコミュニティバスの運行方式に関する研究」
  • 永東功嗣:「地方鉄道の存廃が駅勢圏人口の経年的変化に及ぼす影響に関する研究」
  • 福田幸司:「車両規制の実施実態と規制者道周辺の地域特性との関連分析」

Master Thesis

  • 阿部正太朗:「地方都市中心部における低未利用地に着目した土地利用変化の要因に関する研究」
  • 岩嶋亮太:「限界排出量に着目した旅客輸送におけるCO2排出量推計に関する研究」
  • 長尾基哉:「鉄軌道駅の運行頻度に着目した地方都市の都市構造に関する国際間比較」
  • 濱名智:「歩行者空間整備状況と周辺の駐車場立地に着目した商店街の賑わいの要因に関する研究」
  • 牧野夏樹:「中心市街地の空間配分を考慮した公共交通の利便性が都市構造に及ぼす影響に関する研究」
  • 山根和人:「規制強化の影響を考慮した屋外広告物設置状況の変化とその要因に関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 中島 浩・高桑公平・小中達雄・中川 大
    区画整理地権者設立の株式会社による土地活用実現プロセスに関する研究 -東海市東海浅山新田土地区画整理事業のケーススタディ-
    (都市計画論文集 No.45-3,pp.529-534)
  • 石原洋平,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    都市内公共交通のダイヤ設定条件と実際のダイヤの評価-期待所要時間の観点から
    (都市計画論文集 No.45-3,pp.829-834)
  • 濱名 智,中川 大,松中亮冶,大庭哲治
    歩行者空間の整備状況と商店街の賑わいについての関連分析
    (土木計画学研究・論文集 Vol.27 No.2,pp.313-321)
  • 牧野夏樹,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    都市の人口規模に着目したコンパクトシティ施策の効果に関する研究
    (土木計画学研究・論文集 Vol.27 No.2,pp.345-353)
  • 長尾基哉,中川 大,松中亮治,大庭哲治,望月明彦
    地方都市における鉄道・軌道の運行頻度に着目した駅周辺人口分布の経年変化に関する研究
    (土木計画学研究・論文集 Vol.27 No.2,pp.399-407)
  • 森川達也,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    開発時期を考慮した都市内小地域の空間分類と交通環境負荷との関連分析
    (土木計画学研究・講演集Vol.42)
  • 奥村拓也,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    地方都市における都市構造と乗用車保有率との経年的な関連分析
    (土木計画学研究・講演集Vol.42)
  • Dongwook Park,Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    STUDY ON THE FACTORS TO MAKE STREETSLIVELY AND BRIMMING WITH PEOPLE - FIELD SURVEYS ON HISTORIC CITIES AROUND THE GLOBE: KYOTO,FLORENCE, AND SEOUL
    (The 12th World Conference on Transport Research
  • 森川達也,毛利一貴,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    都市の空間構造からみた都市内小地域の空間分類と交通環境負荷との関連分析
    (平成22 年度土木学会関西支部年次学術講演会)

Guraduation Thesis

  • 石原洋平:「期待所要時間分析に基づく都市内公共交通のダイヤ評価」
  • 奥村拓也:「地方都市におけるモータリゼーションの進展と都市のコンパクト性の経年変化との関連」
  • 森川達也:「都市内小地域の空間特性と交通環境負荷との関連性に関する研究」
  • 藪井史輝:「運賃水準を考慮した都市内交通シミュレーションによる運賃制度の評価」

Master Thesis

  • 河内毅文:「歩行者動線環境と商店街の賑わいを考慮した駅前空間の評価」
  • 杜光遠:「世界各国の都市中心部におけるLRT導入状況と道路空間配分に関する研究」
  • 毛利一貴:「都市内小地域の空間特性と用途混合が交通環境負荷に及ぼす影響に関する研究」

Doctor Thesis

  • 村尾俊道:「総合的な交通政策としてのモビリティ・マネジメントの実現過程に関する研究」

Papers and Lectures

  • 本田 豊・土井 勉・中川 大
    阪神地域における都市交通環境改善施策推進の意義と課題
    (都市計画論文集 No.44-3,pp.529-534)
  • 牧野夏樹,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    コンパクトシティ施策が都市構造・交通環境負荷に及ぼす影響に関するシミュレーション分析
    (都市計画論文集 No.44-3,pp.739-744)
  • 濱名 智,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    歩行者に対する道路空間配分状況が商店街の賑わいに及ぼす影響に関する研究〜京都市の86 商店街の現地調査に基づいて〜
    (都市計画論文集 No.44-3,pp.85-90)
  • 村尾俊道,藤井 聡,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    京都都市圏における職場モビリティ・マネジメント実行過程の知恵と工夫
    (都市計画論文集 No.44-3,pp.103-108)
  • 吉田 哲,大庭哲治
    京都中心市街地における自転車放置場所の局所的特性の組合せと放置台数の関係
    (都市計画論文集 No.44-2,pp.49-57)
  • 大庭哲治,中川 大
    自転車利用者の選好多様性を考慮した都心商業地の放置駐輪対策に関する研究
    (土木計画学研究・論文集 Vol.26 No.3,pp.441-446)
  • 大庭哲治, 中川大, 中西康裕
    準拠集団の違いを考慮した簡易屋外広告物の沿道設置行動に関する研究
    (都市計画論文集, No.44-1, pp.102-107)
  • 牧野夏樹,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    都市の人口規模に着目したコンパクトシティ施策の効果に関する研究
    (土木計画学研究・講演集Vol.40)
  • 濱名 智,中川 大,松中亮治,大庭哲治
    歩行者空間の整備状況が商店街の歩行者密度・年間販売額に及ぼす影響に関する研究
    (土木計画学研究・講演集Vol.40)
  • Toshimichi Murao , Dai Nakagawa , Ryoji Matsunaka and Tetsuharu Oba
    Effectiveness of Mobility Management in Transportation policy Aimed at Achieving the Kyoto Protocol -- Kyoto Project for Studying an Efficient Car Utilization--
    (Fifteenth International Conference on Urban Transport and the Environment in the 21st Century)
  • Motoya Nagao,Dai Nakagawa,Ryoji Matsunaka,Tetsuharu Oba and Akihiko Mochizuki
    How has the distribution of the population in local cities been changing over time according to the frequency of railways and tramways?
    (Fifteenth International Conference on Urban Transport and the Environment in the 21st Century)
  • 長尾基哉,中川 大,松中亮治,大庭哲治,望月明彦
    地方都市における鉄道・軌道の運行頻度に着目した駅周辺人口分布の経年変化に関する研究
    (土木計画学研究・講演集Vol.39)

Guraduation Thesis

  • 清水豊洋:「観光ポテンシャルの向上価値を含めた山間地域のバス路線評価」
  • 堤光一郎:「日独仏の都市間高速鉄道整備に対する政策および財源の変遷に関する研究」
  • 長尾基哉:「鉄軌道利便性に着目した地方都市の人口分布及び商業活動の変化に関する研究」
  • 濱名智:「現地調査に基づく商店街の賑わいを生む要因に関する研究」
  • 牧野夏樹:「都市構造モデルを用いたコンパクトシティ施策の評価」

Master Thesis

  • 石井琢:「世界の都市中心部における歩行者空間整備に関する研究」
  • 富樫健太:「乗換抵抗を考慮した都市内交通シミュレーションによる公共交通利便性の評価」
  • 飯野夏美:「世界的歴史都市における道路空間の賑わい形成要因に関する研究〜京都・フィレンツェ・ソウルにおける現地調査に基づいて〜」
  • 菊池隆史:「期待所要時間を用いた日独仏の都市間鉄道網の利便性と地域の結びつきに関する経年比較」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 波床正敏・中川大
    幹線鉄道整備の基本方針がネットワーク形成に与える影響に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.25-2, pp.487-498)
  • 齋藤文典,大庭哲治,中川大
    経済環境の不確実性下における商業と駐車場の立地転換に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.43-3, pp.67-72)
  • 菊池隆史,中川大,大庭哲治
    フリークエンシーを考慮した都市間交通利便性と地域発展及び国土構造との関係に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.43-3, pp.247-252)
  • 村尾俊道,中川大
    京都府におけるモビリティ・マネジメント導入の意義と展望
    (都市計画論文集, Vol.43-3, pp.787-792)
  • 望月明彦,中川大,笠原勤
    富山市における都市軸形成を目的とした公共交通サービス水準向上策に対する効果分析
    (都市計画論文集, Vol.43-3, pp.805-810)
  • 大庭哲治,吉田哲、中川大
    京都市都心商業地の場所特性が放置駐輪に与える影響とその空間的変異に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.43-3, pp.871-876)
  • 清水彰,酒井弘,中川大,藤井聡
    夜間バス“かわらまち・よるバス”利用促進におけるアテンダントの可能性
    (第38回土木計画学研究・講演集)
  • 毛利一貴,中川大,大庭哲治
    大都市近郊部における開発地の立地選択要因に関する分析
    (第38回土木計画学研究・講演集)
  • 大庭 哲治,中川 大
    自転車利用者の選好多様性を考慮した都心商業地の放置駐輪対策に関する研究
    (第37回土木計画学研究・講演集)
  • 波床正敏,中川大
    21世紀の幹線鉄道網の構築方針に関する研究
    (第37回土木計画学研究・講演集)
  • 大庭哲治,中川 大,近藤晃弘
    GIS を利用した地方都市中心部における駐車場立地の現況分析
    (第63回年次学術講演会)
  • 毛利一貴,中川 大,大庭哲治
    大都市近郊部における各地域指定の開発実態に関する現況分析
    (第63回年次学術講演会)
  • 菊池隆史,中川 大,大庭哲治,木田好彦
    都市間交通利便性の経年変化が地域や国土構造に及ぼす影響に関する研究
    (第63回年次学術講演会)
  • 富樫健太,中川 大,大庭哲治
    都市内交通シミュレーションを用いた公共交通政策の評価
    (第63回年次学術講演会)
  • 北村幸定,白柳博章,大庭哲治
    インターモーダルの評価に関する一考察―京阪地区における高速道路と鉄道の接続性を事例として―
    (地域学研究, Vol.38-3, pp.719-728)
  • 大庭哲治,青山吉隆
    まちなみ保全に対する奉仕労働量のCVM 推計における準拠集団の影響
    (景観・デザイン研究論文集, Vol.5, pp.69-76)

Guraduation Thesis

  • 毛利一貴:「都市計画による地域指定を考慮した大都市近郊部の開発実態と立地選択に関する研究」

Master Thesis

  • 木村信裕:「都市の特性を考慮した新幹線駅周辺地域の土地利用変化に関する研究」
  • 齋藤文典:「経済環境の不確実性下における商業と駐車場の立地転換に関する研究」
  • 松田俊一:「都市基盤としての公共交通を活用した都市形成の方向性に関する研究」
  • 吉田智一:「周辺の土地利用との相互作用を考慮した駐車場立地メカニズムに関する研究」
  • 横林泰宏:「都市来訪者の意識を考慮した自転車マネジメントに関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 中川大
    交通社会資本整備効果の立証責任に関する研究
    (土木学会論文集, Vol.63-3, pp.416-425)
  • 波床正敏,中川大
    公共交通網におけるパルスタイムテーブルシステム成立条件に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.24-4, pp.693-702)
  • 望月明彦,中川大,笠原勤
    わが国の公共交通政策における富山ライトレールプロジェクトの意義に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.42-1, pp.63-66) 望月明彦,中川大,笠原勤
    富山ライトレールが地域交通にもたらした効果に関する実証分析
    (都市計画論文集, Vol.42-3, pp.949-953)
  • 波床正敏,中川大
    幹線鉄道整備の基本方針がネットワーク形成に与える影響の比較分析
    (第36回土木計画学研究・講演集)
  • 波床正敏,中川大
    わが国幹線鉄道網の再構築に向けた基本政策の影響に関する分析- ポスト全国新幹線鉄道整備法に向けて-
    (第35回土木計画学研究・講演集)
  • 北村幸定,白柳博章,大庭哲治
    インターモーダルの評価に関する一考察―高速道路と鉄道の接続性―
    (日本地域学会第44 回年次大会学術発表論文集)

Guraduation Thesis

  • 菊池隆史:「都市間交通利便性の経年変化が地域に及ぼす影響に関する研究」
  • 富樫健太:「都市内交通シミュレーションを用いた公共交通政策の社会的便益評価」

Master Thesis

  • 木田好彦:「交通機関の特性を考慮した都市間交通利便性と地域構造の変化に関する研究」
  • 近藤晃弘:「空間制約を考慮した都市商業集積の成立可能性に関する研究」
  • 土井俊祐:「鉄道によるコンパクトな都市構造の形成機能に関する研究」
  • 中西康裕:「都市の社会規範に対する市民の行動メカニズムに関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

Guraduation Thesis

  • 楠明裕:「マルチモードを対象とした都市内交通シミュレーションシステムの構築に関する研究」
  • 松田俊一:「中心市街地におけるトランジットモールが目的地選択に及ぼす影響に関する研究」

Master Thesis

  • 井上亘:「児童・生徒の歩行負担を考慮した学校最適統廃合に関する研究」
  • 武田健太郎:「事業採算性とCO2排出削減に着目した交通パッケージ施策の導入効果に関する研究」
  • 武田純平:「費用負担を考慮した公共交通整備の採算性に関する研究」
  • 吉田諭史:「外部性を考慮した都市アメニティの構造に関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • Dai Nakagawa, Yoshitaka Aoyama, Tadashi Ito and Hiroyuki Nishizawa
    Assessment of Passenger Benefits brought about by International Airport Projects
    (Transport Policy Volume 12, pp512-524)
  • 中川大,青山吉隆,松中亮治,田中宣好
    帰宅困難者を考慮した震災時における交通対応策に関する研究
    (土木学会論文集No.800/�-69,pp15-25)
  • 蒋恩,中川大,柄谷友香,青山吉隆
    交通ペネトレーションによる地域モビリティ向上効果の計測
    (土木計画学研究・論文集,第22巻,pp731-740)
  • 中西康裕,柄谷友香,青山吉隆,中川大
    利用者意識からみた街区公園の不安感発生要因と不安感喚起地点予測モデルの構築
    (都市計画論文集40-3、pp619-624)
  • 中川大
    震災直後の路側交通調査を踏まえた緊急時における交通対策の課題と対応策に関する研究
    (交通科学,vol.36, No1, pp7-12)
  • 蒋恩,中川大,柄谷友香,青山吉隆
    交通ペネトレーションによる都市郊外部住宅地区における経済的便益の計測
    (都市計画論文集40-3、pp343-348)
  • 和田真理子, 青山吉隆, 中川大, 柄谷友香
    世界各国における所得水準の向上と自動車交通に起因するガソリン消費量の動向に関する研究
    (地域学研究第35巻、pp355-368)
  • 大庭哲治, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治
    京町家に対する価値意識の構造に関する研究
    (土木学会論文集No.779/�-66,pp11-24)
  • 中川大
    市民共同方式による醍醐コミュニティバスの実現 平成16年度日本都市計画学会賞を受賞して
    (都市計画, No.256, pp85-86)
  • 中川大
    地域交通政策における課題と今後の展望
    (運輸と経済, 第65巻第10号, pp40-41)
  • 中川大
    地方鉄道と地域社会の役割
    (運輸と経済, 第65巻第2号, pp86-88)
  • 中川大
    良好な鉄道社会資本整備を次世代に求められる関西の鉄道整備
    (ヌーベルエポックNo.38, pp6-7, 関西社会経済研究所)
  • 中川大
    正便益不採算問題への対応-採算神話が阻んできた公共交通の改善-
    (運輸と経済, 第65巻第1号, pp40-42)
  • 土井俊祐、青山吉隆,中川大,柄谷友香, 近成純
    モビリティを考慮した都市交通エネルギー施策に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.32 CD-ROM)
  • 波床正敏、中川大
    わが国の幹線鉄道網政策の課題と展望 -日本版Rail2000の可能性-
    (土木計画学研究・講演集, Vol.32 CD-ROM)
  • 村田洋介、青山吉隆,中川大,柄谷友香, 白柳博章
    新幹線ネットワークによる貨物輸送の便益評価に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.32 CD-ROM)

Guraduation Thesis

  • 木田好彦:「国内幹線交通網との接続性を考慮した国際旅客交通網の構造分析」
  • 芝本陽太郎:「都市施設の利便性と誘致距離の評価に関する実証的研究」
  • 土井俊祐:「京阪神都市圏におけるモビリティ水準の維持を考慮した都市交通エネルギー消費の最適化に関する研究」
  • 中西康裕:「安全で安心な都市公園の設計に関する基礎的研究」

Master Thesis

  • 田中宣好:「広域災害時における人の時空間分布を考慮した物資輸送計画に関する研究」
  • 民本晃弘:「市町村別観光魅力度と交通ネットワークを考慮した観光構造に関する実証的研究」
  • 近成純:「モビリティ水準を考慮した交通エネルギー効率とその最適化に関する研究」
  • 中村一樹:「中心市街地におけるアクセシビリティを考慮した商業立地配分モデルに関する研究」
  • 羅敏:「経済発展過程を考慮した交通バリアフリー施策の評価に関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 大庭哲治,青山吉隆,中川大,松中亮治
    京町家に対する価値意識の構造に関する研究
    (土木学会論文集, No.779/�-66 pp.11-23)
  • 蒋恩,中川大,柄谷友香,青山吉隆
    交通ペネトレーションによる地域モビリティ向上効果の計測
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • ダワードルジハシャバット,青山吉隆,中川大, 柄谷友香
    モンゴル国における市場経済化が人口移動に及ぼした影響に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • 和田真理子,青山吉隆,中川大,守谷嘉洋
    地理的・自然的条件からみた有効な自動車保有・利用抑制策に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • 中村一樹,青山吉隆,中川大,柄谷友香,武田純平
    大都市における駐車場開発を考慮した商業活性化策の効果分析
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • 柄谷友香,羅 敏,青山吉隆,中川大
    経済発展に伴う価値観の変化を考慮した社会資本整備のあり方について-バリアフリー整備事業を事例として-
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • 武田健太郎,藤澤友晴,青山吉隆,中川大
    社会的便益を考慮した都市内公共交通システム選択手法に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.30 CD-ROM)
  • P.B.SHAHI,Yoshitaka AOYAMA,Dai NAKAGAWA,Yuka KARATANI
    AN EVALUATION METHOD FOR URBAN TRANSPORTATION EFFICIENCY
    (Proceedings of Infrastructure Planning, Vol.30, CD-ROM)
  • 中村一樹,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    商業駐車場立地を考慮した中心市街地活性化施策の効果分析
    (都市計画論文集, No.39-3, pp.811-816)
  • 和田真理子,青山吉隆,中川大
    自動車保有・利用からみた世界各国の分類と構造モデルの構築に関する研究
    (地域学研究, 第34巻第1号, pp.313-329)
  • Davaadorj KHASHBAT,青山吉隆,中川大, 柄谷友香
    モンゴルの市場経済化後における社会移動を考慮した人口動態に関する研究
    (日本地域学会第41回年次大会学術発表論文集, pp.149-154, CD-ROM)
  • 和田真理子,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    世界各国における所得水準の向上と大気環境水準の動向
    (日本地域学会第41回年次大会学術発表論文集, pp.281-286, CD-ROM)
  • 中村一樹,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    中心市街地における商業床と商業駐車場のトレードオフに関する研究
    (土木学会第59回年次学術講演会, pp.653-654)
  • 和田真理子,守谷嘉洋,青山吉隆,中川大
    先進国における地理的条件からみた自動車の保有と利用に関する研究
    (土木学会第59回年次学術講演会, pp.675-676, 2004.9.)
  • 井上亘,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    都市部における規制緩和後のバス運営形態に関する研究−京都市を事例として−
    (土木学会第59回年次学術講演会, pp.593-594)
  • 武田健太郎,青山吉隆,中川大,柄谷友香, 藤澤友晴
    社会的便益を考慮した都市鉄道の運賃形成のあり方に関する研究
    (土木学会第59回年次学術講演会, pp.611-612)
  • 吉田諭史,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    市街化区域の縮小によるCO2削減効果と経済的影響の研究
    (土木学会第59回年次学術講演会, pp.663-664)
  • 井上亘,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    規制緩和下における最適なバス運営形態に関する研究〜京都市を事例として〜
    (平成16年度関西支部年次学術講演会, pp.�-67-1-2)
  • 武田健太郎,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    都市鉄道の運営費用算出モデルの構築に関する研究
    (平成16年度関西支部年次学術講演会, pp.�-70-1-2)
  • 吉田諭史,青山吉隆,中川大,柄谷友香
    市街化区域の縮小による環境負荷削減効果に関する研究
    (平成16年度関西支部年次学術講演会, pp.�-52-1-2)

Guraduation Thesis

  • 井上亘:「規制緩和下における最適なバス運営形態に関する研究」
  • 武田健太郎:「社会的便益を考慮した都市内鉄道の運賃形成のあり方に関する研究」
  • 守谷嘉洋:「先進国における自動車の保有と利用に関する統計的分析」
  • 吉田諭史:「市街化区域の縮小による環境負荷削減効果に関する研究」

Master Thesis

  • 牛田直希:「都心部における開発権移転の導入可能性に関する研究」
  • 垣内智:「伝統的な町並み保存施策の経済的評価に関する研究」
  • 袖木俊郎:「地域分割された高速道路ネットワークの段階的整備プロセスに関する研究」
  • 藤沢友晴:「社会的便益を考慮した都市内公共交通システムの最適選択方法に関する研究」

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 菊地渉,青山吉隆,中川大,松中亮治
    学習過程を考慮したデルファイ型CVMの意義と課題に関する研究
    (土木学会論文集, NO.751/�-62, pp.71-82)
  • 和田真理子,青山吉隆,中川大
    自動車保有からみた世界各国の分類と構造モデルの構築に関する研究
    (日本地域学会第40回年次大会学術発表論文集, pp.275-281)
  • 近成 純 ,青山吉隆,中川 大,松中亮治
    京阪神都市圏におけるモビリティ水準と交通エネルギー消費の変化に関する研究
    (都市計画論文集, No.38-3, pp.547-552)
  • 柚木俊郎,青山吉隆,中川大,松中亮治
    わが国における高速道路ネットワークの段階的整備プロセスの事後評価
    (土木計画学研究・論文集, Vol.20, No.1, pp.33-42)
  • 藤澤友晴,青山吉隆,中川大,松中亮治
    中心市街地における歩行空間整備の便益計測
    (土木計画学研究・論文集, Vol.20, No.1, pp.191-197)
  • 羅敏,青山吉隆,中川大
    バリアフリーに対する制度や考え方の中日比較に関する基礎的な考察
    (2003年度日本都市計画学会関西支部研究発表会講演概要集, Vol.1,pp.5-8)
  • 村田洋介,青山吉隆,中川大,松中亮治
    国際的機関によるCO2排出量統計の特徴比較のための基礎分析
    (平成15年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-41-1-2)
  • 民本晃弘,青山吉隆,中川大,松中亮治, 北村幸定
    市街地再開発事業の効果が地価に顕在化する時期に関する研究
    (平成15年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-60-1-2)
  • 近成純,青山吉隆,中川大,松中亮治
    モビリティ水準の維持を考慮した都市の環境負荷度の計測
    (平成15年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-39-1-2)
  • 田中宣好,青山吉隆,中川大,松中亮治
    帰宅困難者の時空間分布を考慮した震災時の物資輸送計画に関する研究
    (平成15年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-20-1-2)

Guraduation Thesis

  • 田中宣好:「人の時空間分布を考慮した震災時の物資輸送計画に関する研究」
  • 民本晃弘:「市街地再開発事業が周辺地区の地価変動に及ぼす影響分析」
  • 近成純:「モビリティ水準の維持を考慮した都市交通エネルギー消費と都市特性との関連分析」

Master Thesis

Doctor Thesis

Papers and Lectures

Guraduation Thesis

Master Thesis

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 中川大,北村隆一,塚口博司,宗田好史, 藤岡啓太郎,中村嘉次,酒井弘,能村聡
    都心循環バスの利用者増加事例にみる都市内交通改善への展望-京都100 円循環バス応援団活動と社会実験の記録から-
    (土木計画学研究・講演集, Vol.24(1), pp.365-368)
  • 美濃雄介,青山吉隆,中川大,松中亮治赤堀圭佑
    都市内高速道路網における拡幅プロジェクト実施順序に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.24(1), pp.353-356)
  • 川合祐之,青山吉隆,中川大,松中亮治
    需要予測の精度が異なるときのPFI事業の導入可能性に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.36,pp.583-588)
  • 佐藤寛之,青山吉隆,中川大,松中亮治, 白柳博章
    都市公共交通ターミナルにおける乗換抵抗の要因分析と低減施策による便益計測に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.24(1), pp.377-380)
  • 中川大,松中亮治,芦澤宗治,青山吉隆
    都市内交通シミュレーションを用いたパッケージ施策の便益計測に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.36,pp.583-588)
  • 尹鍾進,青山吉隆,中川大,松中亮治
    環境を考慮した土地利用・交通相互作用モデルによる道路交通政策の評価
    (日本地域学会第38回年次大会学術発表論文集, pp.115-122)
  • 北村幸定,青山吉隆,中川大,松中亮治
    経済停滞下における市街地再開発事業のフィジビリティスタディ
    (日本地域学会第38回(2001年)年次大会・学術発表論文集, pp.411-418)
  • 佐藤寛之,青山吉隆,中川大,松中亮治, 白柳博章
    ライフサイクル環境負荷を考慮したLRT整備の評価に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.18, No.4,pp.603-610)
  • 野村友哉,青山吉隆,中川大,松中亮治白柳博章
    EVGCを用いた都市間高速鉄道プロジェクトの便益評価に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.18, No.4,pp.627-636)
  • 佐藤寛之,青山吉隆,中川大,松中亮治, 白柳博章
    京都駅における乗換抵抗の要因分析とその低減施策の提案
    (第56回年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.266-277)
  • 川合祐之,青山吉隆,中川大,松中亮治
    PFIによる交通プロジェクトにおけるPFI事業者の行動に関する研究
    (第56回年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.367-368)
  • Jooil LEE, Yoshitaka AOYAMA, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA
    A Comparative Study on the Excess Commuting between Seoul and Tokyo Metropolitan Area
    (Proceedings of International Symposium on URBAN PLANNING 2001 Daejeon, Korea, pp.162-178)
  • Tadashi ITOH, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA
    A study on the relationship between accessibility to expressway and socio-economic attributes of all municipalities in Japan
    (Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM)
  • 木村一裕,藤原章正,森山昌幸,森島仁, 北川博巳,岡本英晃,三星昭宏,元田良孝, 清水煌三,児玉健,鈴木義康,飯田克弘, 新田保次,松中亮治,青山吉隆,都君燮
    高齢者・障害者の交通需要のとらえ方と交通システム構築
    (土木計画学研究・講演集, Vol.24(1), pp.755-762)
  • Taekyoung Jang, Yoshitaka Aoyama, Dai Nakagawa and Ryoji Matsunaka
    A Study on the Restoration of the Development Value from Uraban Railway Projects
    (Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM)
  • JongJin Yoon, Yoshitaka Aoyama, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka
    An Evaluation of Urban and Transport Policy Using a Land-Use/Transport Interaction Model
    (Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM)
  • Ryoji Matsunaka, Yoshitaka Aoyama, Dai Nakagawa
    An optimization of the construction/improvement process of the urban road network using a Genetic Algorithm
    (7th international conference on Computers in Urban Planning and Urban Management, CD-ROM)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 山口耕平, 芦澤宗治
    所要時間の不確実性と交通行動の連鎖性を考慮した交通機関選択モデルの構築
    (平成13年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-43-1-2)
  • 佐藤寛之, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 白柳博章
    天神川駅における乗換抵抗低減施策による便益の計測
    (平成13年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-40-1-2)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 川合祐之
    需要リスクを考慮した交通プロジェクトのPFI契約成立可能性に関する研究
    (平成13年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-11-1-2)

Guraduation Thesis

Master Thesis

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 山口耕平,青山吉隆,中川大,松中亮治, 西尾健司
    ライフサイクル環境負荷を考慮したLRT整備の評価に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.23(1), pp.219-222)
  • 赤堀圭佑,青山吉隆,中川大,松中亮治
    最適な交通ネットワーク形成プロセスに関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.23(1), pp.499-502)
  • 野村友哉,青山吉隆,中川大,松中亮治, 白柳博章 EVGCを用いた都市間高速鉄道プロジェクトの便益評価に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.23(1), pp.539-542)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 大庭哲治
    京都市民の意識に基づく古都保存法の経済評価
    (都市計画論文集, Vol.35, pp.169-174)
  • 服部誠, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治
    敷地形状改善効果の計測理論に関する研究
    (都市計画論文集, Vol.35, pp.385-390)
  • 中島卓也, 青山吉隆, 松中亮治
    地方自治体の行政活動の総合的評価手法に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.145-154)
  • 白柳博章, 青山吉隆, 中川大, 松中亮, 野村友哉
    ヘドニック法による都市間交通プロジェクトの便益計測システムの構築とSmall条件の検証
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.57-66)
  • 張澤永, 青山吉隆, 松中亮治, 栗林大輔
    鉄道サービス水準の評価のためのアクセシビリティ指標に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.75-82)
  • 尹鍾進, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治
    立地変動を考慮した実用的な土地利用・交通モデルの構築
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.247-256)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 鈴木彰一
    CVMと顕示選好法を用いた歴史的文化財の経済的価値計測方法に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.47-55)
  • 藤原史明, 大江真弘, 松中亮治, 青山吉隆
    住民の意識構造を反映した道路整備評価
    (土木計画学研究・論文集, Vol.17, pp.99-106)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 鈴木彰一, 大庭哲治
    京都市民の意識に基づいた古都保存法の経済評価
    (第55回年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.756-757)
  • 野村友哉, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 白柳博章
    都市間公共交通の特性を考慮した公共交通プロジェクトの便益計測
    (第55会年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.798-799)
  • 山口耕平, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 西尾健司
    LRTの低床式車両に対する意識価値の計測
    (第55回年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.202-203)
  • Jong Jin YOON, Yoshitaka AOYAMA, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA
    A Practical Land Use-Transport Interaction Model Considering Changes in Population and Industrial Activities
    (Proceedings of International Symposium on City Planning 2000 Kobe, Japan, pp.381-390)
  • Taekyoung JANG, Yoshitaka AOYAMA, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA
    Comparison of the Effect of Railway Service Improvement on the Attractiveness of Cities in Korea and Japan
    (International Symposium on City Planning 2000 Kobe, Japan, pp.164-171)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 鈴木彰一, 大庭哲治
    CVMによる古都保存法の経済評価
    (平成12年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-60-1-2)
  • 野村友哉, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 白柳博章
    都市間公共交通の特性を考慮した交通利便性指標の提案
    (平成12年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-24-1-2)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 服部誠
    敷地形状改善効果を計測するための指標の提案
    (平成12年度関西支部年次学術講演会, ppIV-41-1)
  • 鄭珠鎬, 青山吉隆, 中川大, 松中亮治
    韓国における高速鉄道の速達小貨物輸送の可能性に関する考察
    (平成12年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-21-1-2)
  • Yoshitaka Aoyama, Dai Nakagawa, Ryoji Matsunaka
    The benefits of large-scale transport projects using the expected value of generalized costs (EVGC)
    (6th RSAI World Congress 2000)

Guraduation Thesis

Master Thesis

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • Yoshitaka Aoyama, Ryoji Matsunaka, Wataru Kikuchi
    The Use Value Measurement of the ITS Services in Japan
    (6th World Congress on ITS)
  • 主観的地震発生確率を用いた交通網におけるリダンダンシー評価
    寺田健児, 青山吉隆, 松中亮治
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(1), pp.187-190)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 白柳博章
    交通プロジェクト評価のための時空間的波及構造を考慮した地価モデルの構築
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(1), pp.93-96)
  • 張澤永, 青山吉隆, 松中亮治, 栗林大輔
    鉄道サービス水準の評価のためのアクセシビリティ指標に関する研究
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(1), pp.459-462)
  • 中島卓也, 青山吉隆, 松中亮治
    地方自治体における社会資本整備の効率性と整備水準の比較
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(2), pp.375-378)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 尹鍾進
    供給と競合を考慮した土地利用ー交通モデルの構築
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(2), pp.115-118)
  • 青山吉隆.松中亮治.鈴木彰一
    歴史的文化財の経済的価値に関する研究 -CVMと顕示選好法の結合を念頭に置いて
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(1), pp.61-64)
  • 藤原史明, 大江真弘, 松中亮治, 伊藤裕文, 青山吉隆, 高木真志
    住民の意識構造を反映した道路整備評価
    (土木計画学研究・講演集, Vol.22(2), pp.303-306)
  • 中川大, 西尾健司, 松中亮治, 伊藤雅
    共通運賃制度の導入による所要時間短縮効果に関する研究
    (土木計画学研究・論文集, Vol.16, pp.667-674)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 白柳博章, 荻野久仁子
    歴史的文化財の価値の分類と利用価値の経済的計測
    (土木計画学研究・論文集, Vol.16, pp.55-60)
  • 伊藤雅, 中川大, 西尾健司
    公共交通と自動車交通を統合した都市交通シミュレーションシステムを用いたLRT導入効果の定量的検討
    (第54回年次学術講演会講演概要集, 第4部, pp.272-273)
  • 藤原史明, 青山吉隆, 松中亮治, 高木真志, 伊藤裕文
    道路整備効果に対する住民の意識構造に関する研究
    (第54回年次学術講演会講演概要集第4部, pp.90-91)
  • Tadashi ITOH, Yoshitaka AOYAMA, Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA
    AN EVALUATION OF JAPAN'S FINANCIAL SYSTEMS FOR ROAD CONSTRUCTION -CONSIDERING THEIR CONTRIBUTION TO ECONOMIC GROWTH
    (Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.3, No.4 pp.291-306)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 白柳博章, 辻森和美
    地価指標を用いた明石海峡大橋の便益計測
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-23-1-2)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 鈴木彰一
    歴史的文化財の有する価値の分類とその計測
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.IV-1-1-2)
  • 山口耕平, 青山吉隆, 松中亮治, 尹鍾進
    土地利用モデルを用いた道路整備のインパクト分析
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-37-1-2)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 中島卓也
    地方自治体の政策総合評価方法の現状と課題
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-15-1-2)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 尹鍾進, 山口耕平
    土地利用-交通モデルによる交通施設整備の効果計測に関する研究
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-17-1-2)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 菊地渉, 宮崎俊哉
    デルファイ法とCVMを利用した支払意思額推定方法の開発 (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-2-1-2)
  • 藤原史明, 大江真弘, 松中亮治, 伊藤裕文, 青山吉隆, 高木真志
    道路整備効果に対する住民の意識構造に関する研究
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-35-1-2)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 栗林大輔, 張澤永
    鉄道サービス水準の評価のためのアクセシビリティ指標に関する研究
    (平成11年度関西支部年次学術講演会, pp.�-72-1-2)
  • 赤堀圭佑, 青山吉隆, 松中亮治, 江口英毅
    他リンクへの影響を考慮した大規模交通プロジェクトの整備効果
    (平成11年度関西支部年次学術講演概集, pp.�20-1-2)
  • 伊藤雅, 中川大
    明石海峡大橋開通前後におけるフェリー待ち時間の変化に関する考察
    (平成11年度関西支部年次学術講演概集, pp.�22-1-2)

Guraduation Thesis

Master Thesis

Doctor Thesis

Papers and Lectures

  • 青山吉隆, 山本恒平
    都市機能の需要構造を考慮した地域間交流・連携政策に関する基礎的
    (土木学会論文集, No. 597/IV-40, pp.61-69)
  • 中川大, 波床正敏, 伊藤雅, 西澤洋行
    国際交通分析における利便性指標としての積み上げ所要時間に関する研究
    (土木学会論文集, No. 590/IV-39, pp.43-50)
  • Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA, Hiroshi KONISHI
    A Method of Classification of Financial Resources for Transportation based on the Concept of Actual Payers-Theoretical Framework-
    (Transport Policy, Volume 5 Number2 pp.103-113)
  • Dai NAKAGAWA, Ryoji MATSUNAKA, Satoshi TAKAGI
    Calculations of the Shares of Financial Resources Paid by Actual Payers for Transportation Improvements
    (Transport Policy, Volume 5 Number4 pp.223-232)
  • 松中亮治, 中川大, 小西浩, 高木理史
    各国の交通制度の変遷を踏まえた交通整備財源の実質的な負担者の比較
    (土木計画学研究・論文集 Vol.15 pp.195-204)
  • 青山吉隆, 松中亮治, 宮崎俊哉, 赤星健太郎
    インターネットホームページを利用したアンケートによるITSに関する意識分析
    (土木計画学研究・講演集 Vol.21(2) pp.399-402)
  • 青山吉隆, 中川大, 松中亮治, 高木理史
    道路整備財源制度が各地域の経済成長に及ぼしてきた影響に関する研究
    (土木計画学研究・講演集 Vol.21(2) pp.427-430)
  • 伊藤雅, 中川大, 西澤洋行, 青山吉隆
    期待所要時間を用いた国際空港プロジェクトによる旅客便益の推計
    (土木計画学研究・講演集 Vol.21(2) pp.109-112)
  • 西尾健司, 中川大, 松中亮治, 伊藤雅
    共通運賃制度の導入による所要時間短縮効果に関する研究
    (土木計画学研究・講演集 Vol.21(2) pp.293-296)
  • 白柳博章, 荻野久仁子, 青山吉隆
    歴史的文化財の経済的価値
    (土木計画学研究・講演集 Vol.21(1) pp.33-36)
  • 青山吉隆, 多智花茂治, 吉岡正人, 鈴木彰一
    地域空間からみた道路整備の便益計測
    (平成10年度関西支部年次学術講演会 pp.IV-5-1-2)
  • 西尾健司, 中川大, 伊藤雅, 栗林大輔
    運賃体系が利用者の所要時間に及ぼす影響を分析するためのシミュレーションの構築
    (平成10年度関西支部年次学術講演会 pp.IV-44-1-2)
  • 西尾健司, 中川大, 伊藤雅, 栗林大輔
    都市内交通における共通運賃制度の導入効果に関する研究
    (第53回年次学術講演会講演概要集第4部 pp.614-615)
  • 白柳博章, 荻野久仁子, 青山吉
    歴史的文化財の利用価値に関する研究
    (第53回年次学術講演会講演概要集第4部 pp.400-401)